コロナ禍のコナイトの動き

緊急事態宣言が解除されても、換気が悪い(窓がない)こととその場にいる人とビジネス的な会話ができることを求めてつくったお店ということもあり、はじめての緊急事態宣言の前から休業し、再開するまで5カ月かかりました。

再開後も週3日月水金3時間のみの時短営業を自主的に続けたり、CO2モニターを設置し厚生労働省の指導のとおり1000ppm以下になるように換気につとめてきました。

2020年の年末から感染が拡大し、大阪に外出自粛要請がでたことにより、12月4日より自主的に再度休業に入りました。

緊急事態宣言が発令された際の協力金が1日6万円でると聞いて、積もった赤字はあるもののそれはどこも同じことで、単月だけ見ると営業するより協力金の方が多いということを知り、何かできることはないかと考え、緊急事態宣言中はテレワークスペースとして無料開放することにしました。

わたしは、子どもが生まれてから20年以上テレワークをしてきました。テレワークの楽しさとしんどさを多少は知っているつもりです。自宅で仕事をしづらい人に気軽に利用していただければと思っています。

また、緊急事態宣言があけたら「間貸し飲食店」としての提供を考えています。飲食店を開業したい人が気軽に試せる場所を提供できたらと思っています。

テレワークスペースとして無料開放イメージ

改装後のコナイト(昼の雰囲気)

改装後のコナイト(夜の雰囲気)

改装前のコナイト

  • 2021年4月23日 大阪府に緊急事態宣言が発令、金曜日18時半〜20時、酒類提供自粛
  • 2021年4月1日 感染拡大状況を見て、無料開放を会員とお連れ様限定に変更
  • 2021年1月14日 テレワークスペースとして無料開放開始
  • 2021年1月14日 緊急事態宣言(大阪)20時までの時短要請(酒類提供19時まで)
  • 2020年12月16日 飲食店に21時までの時短要請(大阪市全域)
  • 2020年12月4日 不要不急の外出自粛要請がでたことにより再度休業
  • 2020年11月27日 21時までの時短要請がでたのでたった1時間のみの営業に(北区・中央区)
  • 2020年10月1日 間借りモーニング「コマドカフェ」が3カ月限定でオープン
  • 2020年8月21日 新しい営業様式で再開(約5カ月休業しました)
    • 全面改装、窓を開放し換気をよくした
    • 完全会員制に、会員とお連れ様だけが暗証番号で入室
    • 月5,000円の会費を払うと、5,000円分無料で飲める実質無料の会員制度
    • 2021年9月は暫定無料会員、10月以降に会員受付開始
    • 消毒液を店内24箇所に設置(23坪なので1坪1本以上)
    • 週3回月水金の3時間のみの時短営業
    • 料理持ち込み可、近隣の飲食店と出前とテイクアウトで協業
    • カウンター席を10席増席
    • オンライン飲み会ができる個室を設置
    • 固定費を下げるためにセルフサービスを導入
  • 2020年8月3日 全面改装工事(窓の開放やカウンター席の増設など)
  • 2020年5月22日 小規模事業者持続化補助金 採択
  • 2020年5月21日 緊急事態宣言解除
  • 2020年4月7日 緊急事態宣言発令
  • 2020年4月1日  クラウドファンディング(2,253,000の支援をいただきました
  • 2020年3月30日 自粛閉店 (3月25日にFacebookにて告知
    • 会費は全額返金
    • アルバイトも含め人件費は全額支払い
  • 2020年2月12日 一周年を迎える
  • 2019年2月12日 オープン
    • 月5,000円で毎日一杯無料、お連れ様も一杯無料の会員システムあり
    • 一般利用も可能(1杯500円〜)
    • 営業時間 平日19:00~24:00
    • 完全禁煙・サブスクリプション・女性経営者が日替わりで店長を

この記事を書いた人